自然の仕組み

shizenn1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:51.生命霊の理( 1 )


2018年 08月 31日

51.生命霊の理

            「生命霊の理」

         生命霊の本質的実体


自己の生命霊とは自己意識体であります。生命霊とは意識体そのものであります。意識・認識・思考・判断・感受を行う事が出来る能力の本質的実体を生命霊と言います。
即ち、意識したり、認識したり、考えたり、判断したり、色々な事柄を感じたりする事が本質的実体が生命霊であります。
自己の生命は何かを意識・認識する本質的実体を生命活動により「自己自身の理」として作り出すのであります。
生命とは「親性一体全体の理」で共通普遍であるから個有性をもちませんが、個々の生命が生命力働を使用し「生命活動の理」として作り出した生命霊という意識体は唯一無二の個有性をもつ自己存在の本質的実体であります。

生命霊の真成長発展とは自己認識の拡張と命霊観念の拡大であります。

生命霊は真成長発展を行います。生命は何かをする力働でありますから、自己の生命は自己の生命霊の真成長発展という生命活動を生命の御仕事として行います。
生命霊の真成長発展とは、自己の意識・認識する範囲を拡張拡大する事であります。

自己自身の気持ちや感情・命霊観念にのみとらわれ支配されている生命活動と生命力働の使い方は自己中心生き方であります。
生命霊が真成長発展する為には他人の気持ちや命霊観念を自分の気持ちや命霊観念と同様に意識・認識・理解し、吸収する事であります。
他の感情や気持ちや命霊観念を吸収する事により自己の命霊観念の世界が拡張拡大し発展します。
自己の気持ちや感情に固執している事は最低の悟りと徳の無い生き方であります。

「生命力働の理」とは自己の命霊観念の拡張拡大・真成長発展の為に使用するべきであり、生命活動はその為に行うものであります。

自己の主張で互いに対立し争い憎しみ殺し合いを行う地球人類の生き方は生命力働の理違いの使用であり、理違いの生命活動であります。


「親命霊界」に於いて「生命霊 真家族の理」の他の生命霊の気持ちや感情や命霊観念を意識し認識し理解共有することが親の理に成る為に必要不可欠であります。
互いに真家族として生命霊を認め尊重し、個々の生命霊が持つ様々な気持ちや命霊観念を互いに共有し合う事が出来るのが「真家族の理」であります。

生命霊は自己の命霊観念の世界の中でしか「生命霊 生存活動の理」を行う事が出来ません。だから命霊観念の世界を拡張拡大する事が必要不可欠なのであります。
その為に『大親大生命』「親物質現象界」を生命の御子らに親創造・親現して下さったのであります。

徳と悟りの「真生命霊財産の理」が低く何時でも進歩発展の無い生命霊は自己中心で自分の気持ちや感情にだけとらわれ他の異なる気持ちや考えを理解しようとしません。
他を意識認識理解する事が出来ないのであります。


こういう生き方は何時までも進歩が無く真成長発展しません。

特に宗教宗派の妄信者たちは真成長発展はなく命霊観念の拡張拡大はないのであります。誰も否定できない事実であるからであり、意識を高める努力をする事が大変大事な事であるからです。

「親物質現象界」
とは「親命霊界」で生命霊が他の命霊観念を認識吸収出来ないから出来る様にと『大親大生命』が幼い生命霊の為に親創造・親現して下さった親世界であります。

しかし低次元の生命霊は「親物質現象界」でも自己中心で「生命霊 生存活動の理」を肉体をもって行い少しも進歩発展・真成長発展しないのであります。

『大親大生命』より今生特別に「親選択の理」を頂き、親理のお授けを真拝命拝霊拝受させて頂いている真御使・真使・真御子らは「親物質現象界」「親命霊界」を通して真家族の命霊観念を互いに共有し合う事が出来るから幸せであります。

この様な貴きお授けを真拝命拝霊拝受させて頂きました。

[PR]

by shizennori1 | 2018-08-31 16:15 | 51.生命霊の理