自然の仕組み

shizenn1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:47.大自然界の教え②( 1 )


2018年 07月 24日

47.大自然界の教え②

    大自然の教え

   人は如何に生きるべきか!

大自然が与えてくれている生存の目的!


大自然は全生物に生命を与えて大自然界の中に誕生させて物質体的・肉体的に生かしてくれている。大自然に大いなる生命の力と働きがあるからだ!


大自然の大いなる生命」こそ全生物の生命の大親であり,「大親大生命」なのであります。この大自然の事実・真実が判ったならば誰でも「大自然の大いなる生命」である「大親大生命」に対し奉り生命生存の親感謝を行い生命愛を真実感して精神的に豊かで安定した日々の人生を通るべきであります!


「大親大生命」に生命生存の親感謝を行えば誰でも生きる事の幸福感がもてる様になるのであります。

「生きる」という事は生命活動の姿である!

生物の生存とは肉体的・物質体的な生命活動だけではなく様々な心や気持ちの感情的情緒的な精神的生命活動があります。この精神的生命活動を「生命霊生存」といいます!


全生物は肉体的・物質体的に生きる生命活動と、気持ちや心で生きる生命活動の両面で生きています。

地球人類は物質体・肉体的に生きるという生命活動にのみ囚われて生命霊として生きている精神的生命活動の重要性を意識しないで生きています。

 
生命霊として精神的に生きる生命活動とは大自然の「親物質現象界」であるこの世の中に肉体・物質体を使って自分の気持ちや心で生きる自己個有の生き方の事であります。

全生物は全て自分の気持ちや心で肉体・物質体を使い自分独特な自己個有の生き方をしています。


生命霊とは自己個有の意識・認識体であります。生命霊とは自分の生命がもつ自己個有の精神的な体の事であります。

生命霊は命霊観念という自己個有の意認識体を持っています。

命霊観念とは自己個有の感じ方・考え方・気持ち感情など自分独特な心の事であります。生命霊は自己個有の命霊観念の総合体であります。


全生物の生命はそれぞれ自己個有の特色ある生命霊命霊観念という気持ち感情・心の意認識体をもって肉体・物質体を使って大自然界に活かされ生きているのであります

肉体・物質体を使いどの様に生きるかは自分の生命霊、即ち意認識体しだいなのであります。

各自の生命霊・意認識体が違うのでそれぞれ異なる独特な生き方となっています。

例えば、一卵性双生児で肉体的には同じであってもそれぞれ生命霊命霊観念

の意認識体が違うので気持ち・心・生き方が異なるのであります。


生命霊とは、自己個有の生き方をする気持ち・心・感情・判断などの精神体・

意認識体の事であります。

全生物の生命は全て自己個有の生命霊命霊観念によりそれぞれが自己個有の肉体・物質体を使用し自分独特な生き方つまり生命活動を行っているのであります。

 

 全生物は自分の生命の力と働きを使いより良く、より幸せに、より自己の

欲求欲望・願望・気持ちを満たそうとして生きています。

これが生きる為の原動力であります。


[PR]

by shizennori1 | 2018-07-24 17:04 | 47.大自然界の教え②