自然の仕組み

shizenn1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:27.生命的役割( 1 )


2017年 06月 24日

27.生命的役割

私達を活かして下さっています「生命の大親」がお与え下さっています生命あるものの全ては、気付こうと、気付かざるとに関わらず、全て生命的役割を与えられています。


生命的役割
とは、生命的次元における役割であります。即ち、自分の生命が果たさなければならない生命の役割であります。この物質界における肉体的生命活動を通して、全ての生物は自己の生命的役割を果たすことが最も大切であります

生命とは本来、能動的力と働きがある存在であります。従って、常に何らかの仕事を行っています。生命とは生命力・生命エネルギーのことであります。

この世における肉体的生存とは、自己の生命の役割機能を果たす為の生命活動であります。

そして、生命活動をして作り上げた自分の体であります魚、肉、野菜、果物なども他の為の生命の役割機能を果たしております。

例えば、秋刀魚、イワシなども大きな魚に食べられて、肉、野菜、果物なども人間に食べられて生命の役割機能を果たしております。

他の生命は、皆食物連鎖の理によって、体を呈して役にたって、徳積を行っています。本当に誠で行っております。ニワトリはフライドチキンになり、卵は食べられて純粋に、人間のお役に立って生命活動を行っているのに、人間は何を考えて殺戮を繰り返したり、戦争兵器を造り、殺し合い、宗教争いをし、怨み、つらみで生きているのでしょうか。どうして「生命の大親」の御親意(みこころ)が判らないのでしょうか。これで果たして、自分達だけが幸せに暮らすことが出来ると思っているのでしょうか。どうして、他の為の役に立つ素晴らしい生き方をしようと思わないのでしょうか


この様に「生命の大親」は、生命が生命を支えあう、助け合いの親世界を親創造して下さっておられます。その事を人間は、弱肉強食と間違った考え方をしています。これでは、他の生物に対しての感謝は生まれません。

生命が生命を支えあう、生命に対する感謝が、大変大事であります

私達を活かして下さっています「生命の大親」御自親は、親生命活動を全ての生命の御子らの為になさっておられます。

「生命の大親」の親生命活動とは、大自然界(生命界・命霊界・物質界)の全ての現象・事柄を行っていてくださる役割機能であります。

「生命の大親」御自親が大親としての役割機能を全ての生命の御子に対して行っていて下さるが故に「親子の原理」により、派生的部分であります全ての生命の御子らも、それぞれの自己の生命的役割を果たさなければなりません。

「生命の大親」が行っていて下さる生命的役割役割といいます。

「生命の大親」の親生命活動のお役に立つ為の生命活動を行う場合は、特に真役割といいます。

私達が、自己の生命的役割機能を果たさない場合は、自己の本質であります「徳」という親生命霊財産を失うことになります。物質界の肉体的生存の目的・意味は「徳」という親生命霊財産を増やして行くためであります


「役割機能の原則」
とは、全ての存在価値は自己の内部に向かって役割機能があるのではなく、他に役立つ為に存在しているという事であります

他に役立つという役割機能を失った場合、自己の存在価値は失われて、後は自然淘汰されて消滅するだけであります。これが「自然淘汰の原則」であります。


更に、自己の生命的役割・真役割を果たす為には、能動的意志をもって、積極的に「おつなぎ徳積みの理」を行う事であります。

「徳」とは、言葉を使い、お金を使い、体を使い、「徳」という運命貯金を増やし、この素晴らしい世界(生命界・命霊界・物質現象界)を生きていく事の出来る各々の生命そのものにつけて下さっている親生命霊財産の事であります。

この様に、親生命霊財産をうんと増やして、自己の生命的役割・真役割を果たさなければなりません

最終的には「生命の大親」の親生命活動のお役に立つ為の生命活動を行う生命的真役割を果たすまでにならなくてはなりません。


[PR]

by shizennori1 | 2017-06-24 14:55 | 27.生命的役割