カテゴリ:11.「生命の親」の御存在( 1 )


2017年 03月 29日

11.「生命の親」の御存在

大自然界には自然界の大きな大きな生命の営みがあります。そこには、宗教宗派だとか、人種区別とか、動物とか、植物という差もありません。そこで私達は、生命を頂いて誕生させて頂きました。この大自然の大きな営みによって、寝ている間も心臓が動き、こうやっている間も一秒間、一秒間5000万の細胞が生まれ変わっています。これが大自然界の事実であります。

また、細胞の生まれ変わりによって、垢が出てきます。これも新陳代謝によって自分の皮膚を守ってくれた細胞の一つ一つの生命であったはずであります。全生物がこの生命の営みによって生かされております。このことは、いつでも、どこでも、誰にとっても、何にとっても、本当に大事なことであります。

私達が活かされ生きることには、宗教宗派も、人種も、民族も、動物、植物も関係なく活かされております

この大自然の大きな営みには、形がありません。しかし、この形がなくても、その力と働きはあります。エネルギーといっても、生命力といっても、生命エネルギーといっても、それは大きな生命の営みです。この生命エネルギーを頂いて、新陳代謝や血液循環をして頂いております。私達も、この大いなる生命の一部を頂いて活かされ生きております。つまり、大自然の事実から言いますと、私達の生命が活動している姿、生命活動の姿と言えるのであります。

そうすると大自然の大いなる生命は、これだけの大きな大きな生命の営み、つまり、大いなる生命活動をしていて下さっています。その内容というとは、全生物に生命を与え、全生物を活かしているという大きな生命活動をしていて下さるということになるわけです。

本当は、宗教宗派じゃなくて大いなる大自然の生命のお力お働きがありますということそのことを意味したのであります。

だから、形ないから釈迦が「色即是空」と空と言い、キリストが「天にまします我らが父よ」と言ったので、本当は、形ない大いなる生命の力と働きですよという意味がこの様になったわけであります

そうすると、この大いなる生命は、全ての生命あるものに生命を与えています。だから、生命の元といえます。私達が子供を産んだら、親というのは、我が子を通して生命が与えられたわけであります。そうすると、この大自然の大いなる生命というのは、全生物の生命の大親ということになります。そこで自然の生命の大親であることから大親である大生命ということになります。

この「自然の大いなる力と働きである大親である大生命のお力お働きは、なくてはならない必要不可欠なものであります。この力と働きがなければ、全てが成り立ちません。

この様に大自然の事実に鑑みて、誰にでも共通普遍のこととして考えていくと大親である大生命」が自然の創造主と言うことになります。
地球を回し、血液を循環させ、新陳代謝をして下さっているのは自然の創造主がして下さっていることになり、人間がしていることではないから、あえて表現すると、「生命の大親」ということになります。しかし神様の名前ではなく意味であります。いわゆるパパとかママと言う概念になります。そうすればお互いに宗教宗派で喧嘩する必要はないはずであります。誰にでも当たり前のことになります。

人間の作った宗教宗派は、自分たちの拝んでいる神様が違うと言って喧嘩をしています。神様を、キリスト教では、天なる父といい、仏教では空、大日如来といい、イスラム教では、アラーといい、ユダヤ教では、エホバといって、歴史的にお互いに殺し合い憎しみあって来ました。人間が勝手に作った神様が違うと言って争ってきました。そのような神は存在いたしません。

の本質は宗教宗派を越えた誰にでも当てはまる共通普遍なものであります

この事が判りますと
「生命の大親」から見ると私達は生命の御子ということになります。そうすると生命の親子となり、全生物が生命の家族ということになります。
そしたら、生命に宗教宗派も人種差別も動物植物の差もありませんということになるわけであります。 このような考え方になると、そこには生命の愛があり、助け合って生きていくことになるわけであります。こういうことをどうしても悟らなければなりません。真実であるからであります

だから宗教は、集狂(しゅうきょう)であり、事実に違反していることに気が付いていません
私たちは皆、同じ力と働きを頂いて活かされ生きております。


[PR]

by shizennori1 | 2017-03-29 17:48 | 11.「生命の親」の御存在