自然の仕組み

shizenn1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 08日

41.生命自覚証の理

私達は、この大自然の中に、大自然の力と働きによって活かされ生きています。これは、事実であります。大自然によって活かされ生きているのですから、大自然のルールによって活かされ生きていると言ってもよいでしょう。同じことであります。ですから、大自然のルールに逆らった生き方を致しますと、そこに問題が起きてまいります。


例えば、大自然のルールと言えば、生きとし生きるものを、より良く活かそうとしております。ところが、お互いに戦争で戦争の悲劇を作ったりしています。原水爆とか、ミサイルだとか、通常兵器もそうであります。

大自然の全てを行って下さっておられます「生命の大親」は生命というものをより良く活かそうとしておられるのに、そのルールに違反したのでありますから、そこに生きる事に不安を感じるはずであります。

いろんな国が、武器をもって騒げば騒ぐほど、お互いに生きる事に不安になってきます。つまり、大自然のルール違反をしたならば、大自然のルールによって活かされているのでありますから、違反すると不安になるのであります。


例えば、違反して生きていた場合、不安になるという事は、自動車を運転するのには、自動車を運転する免許証が必要ですが、無免許で運転したら違反になります。無免許で運転している時は、安心して運転は出来ません。車を運転している時は、不安であります。これがストレスと成るのであります。

ですから、現代人がストレスが溜まっていると言う事は、大自然のルール違反をしている事になります。なんとなくわからないけれどもルール違反をしているのであります。

では、大自然のルールという事は、何かと言いますと、大自然から活かされ生きているのでありますから、大自然というのは「生命の大親」であるという事がいえます。では「生命の大親」というのは、何が、誰が大親なのかということであります。

そうすると私達は、肉体的存在ではなくて、私達の本質は、いのちと言う、生命そのものであります。生命と言うのが私達ですと、大親で在ると言いますと何であるかと言いますと、今度は、大自然の大生命ということになります。

つまり、大自然の中に活かされ生きている以上は「生命の大親」のお力お働きを頂いて活かされ生きておる事になります。

ですから、一番最初に私達が、ルールとして目ざめなければならない事は、私達は、生命の子であり、私達にとっては「生命の大親がいて下さいますよということであります。いわゆる造り主がいるということです。

大自然という「大親であります大生命或いはこの事を「生命の大親」と申し上げております生命の大親」であります意味を言っているわけであります。人間ではありませんので「生命の親」と言っているわけであります。


何故ならば、人の大親だけではないのであります。植物も虫一匹にしても、やはり生命の子供であります。ここは生命の世界であります。

まずルール第一条と言いますと、自分の親が判り、自分は生命の子供であるという自覚をもつことが第一番であります。
赤ちゃんも最初に認識するのは自分の親であります。子供から親を離してしまうと、全て情緒不安定になってしまいます。ということは、親の存在というのは、大変大きいのであります。

例えば、子供が海水浴場や動物園で迷子になったら、皆、泣いています。己の存在価値がなくなるのであります。全体が親であり、子供は部分であります。いわゆる「親子の原理」であります。

更に、例えば、時計があったとします。時計の部品の一つのネジだけが、ポンと落ちたら、時計の価値がなくなります。つまり、時計全体という親の所にちゃんと役にたってこそ部分としての時計のネジの価値があります。ネジだけだったらとっておきません。ネジ一つだったら、価値はありません。

同じように考えてみますと、人類の「生命の大親大自然という「生命の大親」を認識しないで生きたら情緒不安に成ります「生命の大親」に繫がってこそ安定します。


しかし、人類は「生命の大親」を認識しておりません。全てのものが大自然の「生命の大親」から生命を与えられ活かされ生きているのであります。生きとし生きる全てのものは、生命の兄弟であります。だから、国と国同士で喧嘩する必要はありません。殺しあう必要は無いはずであります。

皆、生命というものが、お互いの生命を大事にしあって、活かされ生きているのであります。この世界は、生命でもって生命を支えあっている素晴らしい生命の世界であります。
この事を誰も認識しておりません。
いつ、どこで、どのように生まれてくるのか?
いつ、どこで、どんな風な人と出会うのか?
いつ、どこで、どのようにして死ぬのか?
こういう事も、人間の力でやっているわけではありません。誰がやっていて下さっているかと言う事であります。

それは「生命の大親」がやっていて下さっているのであります。大自然の力と働きをもって行っていて下さっておられます。本当の事であります。

だったら、私達が一番最初しなくてはいけない事は、親を認識しなければなりません。動物ですら、先ず親を認識しています。
人間だったら当然、肉体というものを越えた、もっと大きな普遍的な「親」。最大の次元の高い「親」、つまり「生命の大親」を認識するのが当然ではないのでしょうか。

そして「自分は生命の子である」ということから出発するのであります。少なくとも、最低限「生命の大親」に活かされ生きているということを認識しなければなりません。生命を与えられて、生まれさせて貰っています。自分で特定の両親を決めて生まれてきたわけではありません。


こういうことから「生命の大親」に対して「ああ、おかげさまで、私はこの様に、生命の子として生命を与えられ「生命の大親」のこの大いなる生命の力と働きを頂いて、この世の中に活かされ生きて有難うございますと。どうか生命ある全てが、生命の兄弟として、どうか、皆、素晴らしく発展しますようにと。

「生命自覚証」という、これくらいの事が行えないならば、生きる喜びと感動はありません。生きている以上は、生きる喜びと感動を持つことが一番大事であります。

映画を見たら「映画を見た。ああ良かったな!」というふうな事だったら、見た甲斐があります。
旅行へ行って「ああ、良かったな!」と言ったら、旅行に行った甲斐があります。同じ様に、この世に生きて「ああ、この世に生きて良かったな!」と言ったら、今日一日生きる価値があります。
夫婦で、共に通って「ああ、お互いに共に通って良かったな!」と言ったら、通った甲斐があります。
仕事として、会社に働いた「ああ、良かった、自分はこういう仕事を持って、こういう会社に働けた」と言ったら「こういう仕事につけた」と言ったら、それは、甲斐があります。「自分は、これだけの良い仕事をさせてもらえた!」と言ったら甲斐があります。

ところが、生きがいを持たないで生きています。
「つまらない所へ勤めているだとか、働いているだとか」「つまらない相手と一緒になっているだとか」「ちっとも面白くないとか」「生きるのは苦しいだとか」皆、否定的な、マイナス、マイナス、ネガティブな意識でばかりで生きているのではないのでしょうか。それで苦しいからお助けくださいと言っています。そして人間が作った仏像に願っています。

大事なのは「生命の大親」より生命を頂いた私達自身のこの生命の方が大事であるということなのであります。

そうすると一番大事なのは、この世の中を生きていくのには、生きていくルールがあります。体の中でも人間の決めたルールではありません。血液が循環して生きていくようにしてあるのも人間の決めたルールではありません「生命の大親」がお決めになったルールであります。心臓が血液を循環させるポンプの役目であることも「生命の大親」がお決めになったことであります。

全て「生命の大親」がお決めになっているルールであります。医学でも医学が人間の肉体を作り出した訳ではありません。そのルールを私達は、知性的に調べていっています。

人間がやっている事ではなく「生命の大親」がおやりになっている事を認識して行っているわけであります。

人間のやっている政治活動、芸術活動、宗教活動ではなく、大自然の造り主であります「生命の大親」がやって下さっている事であります。

宗教宗派を超えて、人間、動物、植物の全ての生命あるものは、大自然の「生命の大親」のお力お働きによって活かされ生きております。

全ての生命は、自分の生命の兄弟であります。全ての生命があって、生命が生命を支えあって、肉体的生存が成り立っております。
生命の子として生命を与えられ「生命の大親」のこの大いなる生命の力と働きを頂いて、この世の中に活かされ生きている事に真感謝と喜びの真感動をもって、全ての生命あるものが、生命の兄弟として素晴らしく生きていきますようにと、その為の「生命自覚証」でなければなりません。

こういった自らの生命の自覚であります「生命自覚証」の宣誓を行わなければなりません。


これは、第一番目のルールであります。


[PR]

by shizennori1 | 2017-09-08 13:25 | 41.生命自覚証の理


<< 42.十元の理法Ⅰ      40.創設設定の原理 >>