2017年 04月 11日

19.「作用総合の理法」

「生命の大親」の親創造された「親理」という無形なるものがあります。この事が一般的に言われる掟、決まりということであります。

「生命の大親」生命的段階から捉えると――親理という事になります。

霊的な段階から捉えますと――――真理・摂理という事であります

物質的段階から捉えますと――――法則という事です。

例えば、道路交通法は、人間が作った掟であり、自然界に最初からあったものではありません。

この世の掟として、地球が回るとか、麦を蒔いたら麦が生えるとか、という掟は「生命の大親」が造られたものであります。

大自然の中に活かされている限り、この「生命の大親」の決まりによって造られ存在させて頂いています。だから、大自然の掟に従わざる負えないのであります。それが「親理」であります。

しかし私達は、物質的に知識、学問や科学として探求してくると、物理法則として今、捉えているだけであります。

「親理」は、何時、如何なる時も、如何なることにも通用するのであります。これは、永遠普遍性であり、全てに通用するのであります

「生命の大親」は大自然の全て、大宇宙の全てを「親理」によって構成して下さっておられます。全てがそれで出来ている普遍法則であります。それを宗教では部分的に捉えています。万有引力の法則が、特定のところだけに働いている事はありえません

「親理」は誰にでも永遠普遍に働いているのであります。又「親理」を知識として捉えるのではなく、実感として捉えなければなりません。実感にするには、自ら努力して能動的に生命の力を出していかないとそうはなりません。何かを行う力を出さないとそうなりません。

物質としての米とか秋刀魚を取ったら、通用範囲の広いお金に換金します。そのお金を運命環境を良くする「徳」に換えなければなりません。この「徳」は盗むことも、貸すことも、あげる事も出来ません。

この運命財産であります「徳」があれば素晴らしく生きていけるのであります。

しかし、人間は、この世界を創造して下さった「生命の大親」に対して、この世は苦の娑婆だとか、因縁があるとか、先祖が浮かばれていないとか、悪の世界だとか言って、決して素晴らしい世界であるとは言っていません。だから、現代人は、物はありますが、より良く生きていける「徳」という運命貯金がありません。

「徳」のないものは、知識で捉えてしまいます。

「徳」のあるものは、実際の生活で役に立つように身につけるのであります。

素晴らしく生きて行けるよう「生命の大親」の造られた「理法」「作用総合の理法」というのがあります

「作用総合の理法」とは、「あらゆる存在は、全部が総合され何らかの作用性をもってのみ存在している」ということで作用性のないものはありえませんということです。

つまり、何らかの影響がないということはあり得ないということであります

例えば、着物一枚でも、作った人もいれば、販売する人もいます。更にその人達の食料を作った人もいれば、その食料を作った人の農家の家を作った人もいます。この様に考えていきますと全部が関連していますし、影響しない人はありえません。

このような考え方に立つと、自分一人がマイナスで通ると地球をマイナスにする事になります。今日一日、頭にきたと人生で思っても影響します。

現在があるのは過去が全部総合してあったからであります。家庭の中でも一人のひとが機嫌が悪いと家族全部に影響します。

しかし、そこで相手が変な顔をしても、こちらは、にこっとして絶対親念で接する事が大事であります。問題はその時がチャンスであります

私達がプラスで生きるか生きないか、私達が一銭一厘も、お金の使い方が生命にとって、プラスになるように使うか使わないかによって、地球全体の「徳」という事についての作用性ももっています。全ては作用されて総合的になっています。

大宇宙の全て(物質界)も、命霊界(霊界のこと、意識の世界)の全ても、生命界(いのちの世界のこと)の全ても、生命の世界は元々全てが総合された作用の中に存在している世界であります。これが生命の自他一体の世界であります。一即多、多即一であります。一つが全体、全体が一つであります。

時計もいろんな部品で成り立っていますが、でも一つの時計としての総合された時計であります。いわゆる部品が総合されたものであります。

大自然、大宇宙の全ての存在、全ての生命は「作用総合の理法」によってつながっているのであります。

全人類の全生物のアリ一匹でも、アリの生命も全体としての存在であります。

元々、全てがつながっているのが「生命の大親」だけであります。全て「生命の大親」につながっています。基本的に繋がらなければならないのは「生命の大親」であります

物質も生命の一つの生命の形であります。物質も生命の理が働いています。

全部「生命の大親」は総合して下さっておられます。

時間的に総合しているのが永遠性であります。

空間的に総合しているのが普遍性であります。全部ひとつのもので関係ないものはありません

素晴らしい生命の感謝をもって感動をもって生きたら全てに影響していきます。全部に本当に影響いたします。

時間的にも、今のこの一瞬を生命の感謝で通ったら、自分の全体の運命や環境にも影響するのであります。

「親理」は、全てに通用するのであります。こういうことから、親理を悟る為に生きているといっても過言ではありません。

より素晴らしく「生命の大親」につながるべきです。

「作用総合の理法」は、あらゆる個の存在、全体としての存在が作用総合されてのみ存在しうるということであります。個々があるということは、全体としてまとまらなければならないということであります。

この世界を造られたのは「作用総合の理法」と表裏一体のことであります。

これからは、あらゆることに関連があるということから、一瞬一瞬、今日の気持ち一つ、個々のこと、全体として全部影響があるという事で「親理」に沿って、プラス、プラスの気持ちで大いなる親発展を遂げなければなりません。


[PR]

by shizennori1 | 2017-04-11 11:59 | 19.「作用総合の理法」


<< 20.「原因・結果の理法」①      18.「終止限界の理法」 >>