自然の仕組み

shizenn1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 05日

2.徳を積む生き方

私達は素晴らしく生きる生き方を学んでいかなければならないと思います。私達の生命は自然の力と働きを頂いて活かされ生きております。自分の力で生きているわけではありません。

自分の心臓の働きは、自分の意思で動かしているわけではありません。また、食べた物を自分の力で消化しているわけではありません。血液の循環も全て自然の力と働きを頂いて動かされています。
全て自然の力と働きを頂いて活かされ生きております。

こういうことを考えていきますと生命には人種・年齢・性別・動物・植物・宗教宗派は一切、関係なく活かされ生きていることがわかります。

漢方処方を考える時に、同じ薬を使用しているにもかかわらず、その人その人によって薬の効き方が違っています。その効き方を良くするのに何が違うかであります。
それはその人自身の持っている目には見えない生命の力があるかないかであります。それが生命に備わっている財産、徳、不徳にあるという事です。
より良い生き方をすると、という運命財産が増えます。逆に悪い生き方をすればが減ります。
しかし、なかなかこのことに気が付きません

運命環境を良くする為にも、あらゆる人間関係を良くする為にも、誰にとっても絶対的に必要不可欠の生命財産であるを増やすことが大変大事であります。

良い運命環境は人間のお金では買う事は出来ません。お金があってもマイナスの生き方や不幸な生き方をしています。
お金は全ての生存行為に通用する生命の財産ではないからです。が無いとマイナスの人生や生存となります。
生命活動の全てに通用するものがと言う生命財産なのです。

徳という目には見えない生命についた生命財産を増やせばより良くなっていく事になっています。問題があつたら徳を増やしてみることです。必ず現象が起きてきます






[PR]

by shizennori1 | 2016-11-05 19:56 | 2.徳を積む生き方


<< 3.徳はどうして増やせるのか      1.よりよく生きる生き方 >>