「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 23日

Ⅺ.五臓と体液との関係①

五行色体表
e0319080_17351378.jpg

五臓と体液との関係

ここで、五臓と体液との関係について述べておきましょう。漢方では、肝臓の働きに異常を生じると出やすく、心臓の場合は、血液に余分な熱を持つようになって「汗」出やすく、脾胃が異常なときは「涎」が出やすく、肺に水分の多い時には「鼻水」が、腎臓の働きに変化が起こるとが出やすいと理論づけています。五臓の異常によって、顔や体に体液の一部がこのように現れやすくなると考えたわけです。これは、五行説での「五液」が基本となっています。


More
[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-23 17:15 | Ⅺ五臓と体液との関係①
2016年 08月 23日

Ⅹ.皮膚からの水分の代謝を良くする方法

皮膚は外界との接点にあって、発汗によって、体表・体内の熱と体内の水分のバランスを保っています。これを、漢方では「開ごう」と呼んでいますが、必要なだけ開き、あるいは閉じるという汗腺の働きによって体を守っているのです。
ところが、この皮膚の働きは個人によって強弱があり、概して体の弱い人は、少しの変化でも汗が出やすかったり、その逆の場合もあったりして、体内の温度調節がうまく行われない傾向にあります。体内の熱は、水の力を借りて放出されるわけですから、その水と熱とのバランスがとれている状態が健康を保つ上で大切になってきます。古書に「発汗によって病を治するときは、体にしっとりと汗をかかせるのがよろしい。流れるような玉の汗をかくときは、病は治りにくい」とあります。
これは熱病の場合をさしているのですが、熱を発散させるときには、健康な人でもこのような汗の出方が望ましいのです。ですから、水分を減らしたいときには、汗だけでなく小便で排泄させることを考えれば良いのです。

皮膚を冷やしたり、水分の摂取が多すぎると、ムクミが起こる場合があります。顔や手足などにみられるときは、皮膚に水分が停滞している場合が多く、また、体にムクミが生じているときは、内臓が関係していることが多いのです。皮膚に水分が停滞する原因には、次のような二つが考えられます。一つは、皮膚の調節機能が異常をきたし、汗腺が閉じがちになって、発散が円滑に行われないときであり、今ひとつは、体内の熱が不足して起こる場合です。
どちらにしても、蒸しタオルで皮膚を温めて機能を強めたり、心臓の方向にながれをつくる感じで乾布摩擦をするとか、軽い運動をするなどして、皮下に刺激を与えて、血行を良くしてやれば、症状が軽いものは治ります。

では、発汗に異常があるときには、どんな食事をとれば良いのでしょう。
昔は、病後には体内の余分な熱が残りがちになるからと、お粥に梅干しを食べたものですが、これは、とても良い方法なのです。温かいお粥は胃を温めて働きを回復させ、発汗力を増すからです。そして、肝臓や筋肉にこもりがちな熱を紫蘇で発散させ、同時に梅の酸味で肝臓や筋肉の働きを良くして熱を発散させますから、自然に発汗が良くなるのです。
また、前夜に酒を飲み過ぎたり過労が続いて体内に熱がこもった感じのときに、朝粥が良いというのも同じような理由からです。このようなときの朝のお粥は、胃に穀物の気を与えて働きを良くし、発散を良くしますから、体調の回復に良いわけです。

日照時間の少ない北欧で生まれたサウナ風呂も、人工的に体表を温めて皮膚に停滞している水分を発汗させ、偏在している水分を取るには良い方法です。水と熱とのバランスが良くなり、血液の流れも正常に戻すことができます。
では、体内の熱の不足でムクミが起こっているときには、どうしたら良いでしょう。

それには、乾布摩擦のほかに、体内を温めるものや辛いものを一緒に食べるなどの方法をとれば、症状を軽減することができます。こんな時には、餅の入ったお粥が良いのです。
餅には米よりも体内を温めやすい性質があるからです。これらの方法は、手軽にできますから、生活の知恵として、実行してみてください。

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-23 17:03 | Ⅹ.皮膚からの水分の代謝を良くする方法
2016年 08月 22日

Ⅸ.余分な水分を溜めてはいけない

ある学説によると、平均して、男性の体重の60%、女性の場合は65%が水分であるといわれています。漢方でいう水分は、細胞内液と細胞外液と血液まで含めたものをさしており、「津液」呼んでいます。体に変調をきたして、血液が停滞すると「」を生じ、水が停滞すると「寒」、すなわち冷えを生じることについては、前に述べましたが、これをうまくコントロールしているのが、「陽気」と「陰気」です。
陽気は、皮膚に充満していて、筋肉を温めたり、皮膚を丈夫にする働きのほかに、汗腺を閉じたり、開いたりする役目も果たしています。また、陰気は、津液を動かして体の中で円滑に働かせる、うるおす作用を持っているのです。
この陰陽の気の調和によって、体温が36℃前後、血液の温度が37℃~38℃に保たれ、また臓腑の温度も一定に調節されているのです。
つまり、陽気が強く多ければ、バランスをとるために陰気は余分に必要になり、体内の水分が多くなります。
1~2才の乳幼児は、体重の80%位が水分であるといわれていますが、それは著しい成長時期なので細胞分裂がはげしく、そのために熱の消費量が多いからです。大人より少し高めの体温で、水分比率が高くなっているのも、このような理由からなのです。生理学では、季節によって、また個人によって違いはありますが、平均して呼吸から600cc、汗で500cc、小便で1200cc、大便で200cc、総量2500ccの水分が1日に排泄されているといわれています。

また、生体の熱生産は、筋肉で58%、肝臓で22%、脳・心臓・腎臓その他で20%の割合いで行われていて、そのときに水も一緒にできるといわれています。この燃焼水は一日400cc前後といわれていますから、摂取量は、全排泄量より400ccを引いた水分を摂取すれば、理論的には最適であるということになります。これは大変むずかしいことで、目安として考えればよいでしょう。このように、排泄、発散がうまく行われていれば、体内に余分な水分が貯留することはありません。
ところが、この調節機能が悪くなり、病的になると、余分な水分が体内に溜まり、血管を圧迫して血液の流れが悪くなり、いろいろな病気の原因となるのです。

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-22 16:37 | Ⅸ.余分な水分を溜めてはいけない
2016年 08月 20日

Ⅷ.血の働きを良くするもの

現代の生理学においては、血液循環を良くするものに、次の三つがあるとされています。一つは心臓のポンプであり、一つは呼吸であり、もう一つは運動です。心臓のポンプはともかくとして、なぜ、呼吸によって血流が良くなるかといいますと、呼吸によって横隔膜の働きが盛んになり、肺機能が高められるからです。複式呼吸法もこの原理を応用した健康法の一つといえます。また、運動すると、筋肉は収縮します。例えば、腕を屈伸した場合に、内側の筋肉は縮み、血液は一時的に充血してかたくなりますが、その反対の外側は伸びて血行が良くなります。この筋肉運動は、瞬間的に同時に行われるので、循環を盛んにさせるのです。ですから、洗濯を昔風に行えば、大変な筋肉運動をしなければならないし、掃除での雑巾がけにいたっては、からだ全体を使うことになりますから、筋肉が丈夫になり、血行も良くすることになるわけです。
[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-20 11:42 | Ⅷ.血の働きを良くするもの
2016年 08月 17日

Ⅶ.血の病のいろいろ

このような血液の循環機能障害の病状を、漢方では「血の病」と呼んでいます。女性の生理に絡んだ、いろいろな病気を総称して「血の道症」といいますが、これも血の病の一つです。また、漢方でよく使う言葉に「お血」があります。これは血に熱をもち、流れが悪くなった血液の滞りの状態をさしたり、古血そのもののことをいいます。このような状態をそのままにしてしていると、脳卒中の原因になったり、心臓にも悪影響をきたし、血管中に血の塊ができる血栓を引き起こすことさえあります。新鮮な血液によって、はじめて新陳代謝も活発に行われるわけですから、いろいろな余病が出ても不思議ではありません。
[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-17 18:35
2016年 08月 13日

Ⅵ.心臓と血液のめぐり

古書では、血液をめぐらせるについて「体を補い、陰陽をめぐらし、血液循環を良くし、筋肉や骨を潤おして関節の動きを潤滑にするもので、これを栄気という」とあります。「栄気」である血液の働きが正常であれば、体は健康で、筋肉や骨髄に栄養を与えることができ、関節の屈伸を滑らかにして痛みを感じさせることもない、というわけです。
心臓は血液に関係のある臓器ですが、漢方では汗のことを「心臓の液といいます。血液が余分な熱を持つと、発汗して熱を下げます。汗の出方がその人の体力や皮膚の強さに対して多い場合には、血液の水分が少なくなります。その場合には、かえって血液の流れが悪くなり、血に熱が集まって、どうきや息切れを起こすことがあります。また、逆に、発汗が少なく、血液中の水分が多くなり過ぎても、血液の流れが悪くなり、やはりどうきや息切れの症状が生じ、手足が冷えてくるのです

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-13 12:39 | Ⅵ.心臓と血液のめぐり
2016年 08月 12日

Ⅴ.自然治癒力を高める「内気」

漢方では、人の健康を阻害して病気の原因となるものを①外因、②内因、③不内外因の三つの因子に分類しています。
外因とは「風・熱・湿・燥・寒」の自然環境による外的な病因のことで、内因は、気を含めた精神的な原因で起こるものをさします。また外因でも内因でもない遺伝、疲労や不摂生によって起こるものを不内外因と呼んでいます。
漢方では、遺伝は生まれつきの体質まで含めて考えますので、先天的な生命エネルギーの「正気」が、関係してくることになります。内因、不内外因に気が関わっているように、病気の予防、治療においても気の働き重要に考えるのです。
「気功法」の効は、鍛えるという意味で、気は訓練し、鍛錬することによって充実させることができます。親から授かった先天的な気、「正気」は、病邪に対する抵抗エネルギーですから、強弱に多少の個人差はあるにしても、免疫力や抵抗力と考えて差しつかえないでしょう。
これに加えて、後天的な気、「真気」を鍛練して充実させ、うまく働かせることによって、病気の予防や健康増進を図ることができるのです。

このようにして増幅され、自然治癒力を持った内なる気を「内気」といいます。また、その内気をさらに、鍛錬、充実させ、病人に対して念射して、相手の気をめぐらし整えることのできる気を、「外気」と呼んでいます。この外気を利用して他人を治療することができる人を「気功師」といいますが、中国においては針治療などと共に、すばらしい治療効果が報告されています。

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-12 18:59 | Ⅴ.自然治癒力を高める「内気」
2016年 08月 11日

Ⅳ.気の充実が「運」を開く

心理学に、「心の四つの作用」というのがあり、「①そう想像し、②そう思い、③そう信じると、④その通りになる」とあります。
これは、強すぎる執着心や身分不相応な欲望をさしているのではありません。人が夢や希望を持って、前向きに生きることの 大切さを表しているのです。
漢方的にこれを解釈すれば、気の充実が運命的な気、「運気」を呼び込むと言うことになります。肉体、精神、知性の働きのリズムを表したものに、「バイオリズム」がありますが、運気はこれに似ています。
運気が好調にめぐっているときは、何事もうまくいきます。それは、人間の脳から理想的な「アルファ波」と呼ばれている脳波が出ているからだ、といわれています。つまり、運気の強い時には、集中力、記憶力が最も強くなり、いわゆる精神的な高揚がみられるのです。しかし、「人生は山あり谷あり」とよくいわれるように、人が持っている独自の気のめぐりにも起伏があり、浮き沈みがあります。ですから、できる限り落差を小さくする工夫が大切になってくるわけで、中国由来の「気功法」や「太極拳」も、その一つの方法といえます。
張りつめ過ぎた気は、人の体に良くない事を前に述べましたが、緊張をリラックスさせ、ときには、気を抜くことも大切なのです。
気力の上で、いつも20%位の余力を残しながら、目的意識を持って生きるように心掛けることです。それが、ほどよい気の充実を保つことになり、同時に気のめぐりが円滑に行われることにもなるのです。古書に「人、五常を受け風気によりて成長す」とあります。人間は、「五常」すなわち「仁・義・礼・智・信」の精神活動によって、五臓が良く働くようになり、人格的にも生長して行くことを表しています。このように、心身に良いリズムをつくりながら生きて行くことが、良い体調、良い人格、ひいては良い環境をつくり、その良い環境を生かして生活を営んで行けば、自然に運気を呼び込むことにつながってくる、というわけです。

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-11 16:50 | Ⅳ.気の充実が「運」を開く
2016年 08月 10日

Ⅲ.気を病んではいけない

漢方の古典に「皇帝内経素問」があります。通常では、省略して「素問」と呼んでいます。その中で気を充実させるためには、「七情」の調和が大切なことを挙げています。
七情とは、人間が本来持っている「怒・喜・思・憂・悲・恐・恐」の七つの感情をいいます。そして、「怒り過ぎると肝を損なう。喜び過ぎると心を損なう。思い過ぎると脾胃を損なう(漢方での脾は、脾臓だけではなく膵臓をもさしていることが多い)。憂い過ぎると肺を損なう。悲しんだり、恐れたり、驚いたりし過ぎると腎を損なう」と書かれています。
つまり、ひとつの感情にとらわれ過ぎたり、精神的な強い刺激を受けると、それぞれの臓器での気の流れが悪くなって滞るようになり、やがては病気になることを戒めています。


[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-10 20:10 | Ⅲ.気を病んではいけない
2016年 08月 09日

Ⅱ.病は気から

漢方での病理の基本となっているものに、「気・血・水」の調和があります。前に述べたように、気が人体の血をめぐらし、水を動かして、バランス良く働いているときは健康である、という考え方です。

つまり、気は、心と体を統制し、調節するコントロール・タワーのような役目を果たしているわけですから、気が程よく充実し、身体の中でバランスよくめぐっていれば、いつも健康なのです。

ところが、強いストレスを受けたり、精神的な負担の多い生活を続けていると、バランスが崩れて、気の流れや巡りは、悪くなります。これを漢方では「気が枯れる」とか「気がつまる」といっています。

このような状態になると、気は空回りし、ヘソを中心に、どうどうめぐりをし始め、精神不安が起こります。この気がさらに上昇すると、頭痛、めまい、肩こり、抜け毛、円形脱毛症、不眠症、健忘症などの症状が現れてくるのです。また、強いストレスを受けると、気は臓器にも悪影響を与えます。ストレス・ショックを受けやすい内臓は、胃や十二指腸で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍がよく知られていますが、症状が長引くと、肝臓にも負担をかける原因になりかねません。心臓もストレスを受けやすく、心臓神経症などの症状が現れたり、症状が悪化することが、しばしばあります。

また、腎臓や膀胱がストレスを受けると、血尿がでることさえあります。要するに、気力の充実もさることながら、日常生活の中で適度に緊張を解きほぐし、気分をリラックスさせることが大切なわけです。

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-09 19:39 | Ⅱ.病は気から
2016年 08月 01日

Ⅰ.気とは何でしょう

私達は日常会話の中で、何気なく「気を入れる」「気が充実する」「気力」「気合」などと、気のついている言葉を沢山使っています。
漢方では、この気の働きを重要視します。目に見えるものではありませんが、明らかに存在するものとして考えられており、最近では、国際的にも気の研究が進められ、注目を浴びてきています。
では、気とは一体何でしょう。一言でいえば、エネルギー・活動力などのことです。この気が体内の血をめぐらし、水を動かし手、人間を健康に導いているのです。
ですから、気が不足すると、血の流れが悪くなって、血に余分な熱を持つようになったり、水が体内に停滞して、冷えや浮腫みを生じるようになるのです。血に余分な熱を持つようになった時は霊黄参を服用致します。
また、気がストレスと切ってもきれない関係にあることも、わかってきております。

それでは、この気はどこから得られるのでしょうか。まず、「天の気」は、呼吸によって肺を通して体内に入ります。もう一つの気「地の気」は、大地に育った野菜、穀物を食べることによって、体内から生まれてきます。そして、「天の気」と「地の気」が、五臓を通して合体して、人間が生きて行く為に欠かせない元気とか真気と呼ばれている総合された、後天的な気となるのです。

更に、漢方では両親から授かった生まれながらにして持っている、いわば先天的な気を「正気」と言って区別しています。そして、これら二つの気の調和を保ちながら、うまく働かせることを大切に考えています。


漢方の食養生(藤本 肇) 救心製薬株式会社より

[PR]

# by shizennori1 | 2016-08-01 17:12 | Ⅰ.気とは何でしょう